『消費者団体訴訟制度シンポジウム』(石川県委託事業)を開催しました

「消費生活トラブルからあなたを守るために~消費者団体訴訟制度ってなあに?」
開催日:平成30年12月10・11日
会 場:フォーラム七尾・石川県女性センター 
参加者:合計58名

 元消費者庁長官であり、NPO法人消費者スマイル基金理事長の阿南久(あなんひさ)氏を講師にお迎えし、シンポジウムを開催しました。

 全国・石川県内の消費生活相談の現状や防止・見守りの方法から始まり、消費者保護政策の歴史、適格団体訴訟制度の活動の概要等についてなど消費者に関する幅広いお話を楽しく分かりやすくしていただき、最後に会場全員で「アブナイカモ」ダンスを踊りました。

 その後、消費生活トラブルの被害者が消費生活センターに相談、さらに適格消費者団体に情報提供する流れを、当会会員による「劇団たまひめ」のオリジナル朗読劇を上演。当会が情報提供によって行った事業者に対しての申し入れの内容や差止裁判訴訟中の振袖レンタルの内容について、当会の理事・専門部会長の木村基之弁護士に分かりやすく説明いただきました。

 今回のシンポジウムを通して参加者からは
「適格消費者団体の存在、内容、活動、役割など大変分かりやすかった」
「消費者として日々の生活にアンテナを高くしておく必要があると思った」
などのご意見がありました。
 消費生活トラブルを防止するためにも当会の活動が消費者に浸透していけばと思います。

阿南久氏による講演会

劇団たまひめによる朗読劇

木村弁護士より当団体の活動について説明

 

2019年2月25日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : staff